時計によって使う穴の位置が異なる・・・

ベルトの長さだけでどれが最適なのか分からないんですよ!!
というのも・・・・・↑の写真はラジオミールとルミノールですが私は不思議だったんですよ。

6時側のベルトでルミノールだと時計側から約60mm位の位置の穴を使うのですが、
ラジオミール(ワイヤーラグ)だとその5mm下を使います。

時計の横幅も縦幅も大体同じなのに何でバックルピンを使う穴位置が違うのか・・・・・
(ラジオミールの方が長くしないとならないのか・・・・)

答えがでました!!

どうです?
ベルトの取り付け高さが異なるんですね〜。
なるほど〜。

ちなみにクリアランスは1mm~2mmラジオミールのベルト取付部が上がっているので、
12時側、6時側の合計で2mm~4mm分の長さが多く必要になる(ベルトの穴位置がずれる)という事だったんですね。

まあ、最終的には今装着しているベルトの穴位置と長さをベースとして探されるのが一番良いですけどね。
ちなみに他社、純正で真中位を仕様している人は何も気にしなくても大丈夫です!

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.