ハンマートーンバックル(鎚目模様)シルバー925

シルバー925(スターリングシルバー)で制作した “ハンマートーンバックル”
20mm、26mmが仕上がってきました。

あと1、2週間で22mm、24mmも仕上がる予定です。

販売は全てのサイズが揃ってからにしようと考えています。
先行して気になる方は直接お問い合わせください。

商品として仕上がるまでに何度も微調整を繰り返しました。

まるでアクセサリーの様なバックルです。
またまたエキゾチックレザーとの相性も良いです。

ハンマートーン(鎚目模様)なので、光をいろいろな方向へ反射します。
シルバー925(スターリングシルバー)の特徴はステンレスと比べて、

“青白い光”

に反射する事です。

それがまた非常に綺麗なひかりかたな上に高級感もあります。

ピンの部分にもハンマートーン(鎚目)を施してあります。

この写真は表と裏です。

そしてバックルの真ん中には金種を表す “925” 。
それと、この真ん中だけくり抜かれています。しかもここだけハンマートーン(鎚目)がありません。

なぜでしょうか?

答えはここはベルトが通る道だからです。

まず、ここにハンマートーン(鎚目)があると、エキゾチックレザーにキズが付きやすくなる。
という事は、パイソンの様な1枚1枚のうろこの場合は剥がれたり
(パイソンのうろこが剥がれたという事は聞いた事ないですが。。。)、
めくれあがったり。。。。(これもまあ、無いとは思いますが)
というダメージを軽減させる為です。

くり抜かれている意味としては、クロコダイルのおしりの部分やオーストリッチの爪につながる
大きなウロコの部分だと、凹凸が大きくある為、ベルトとバックルが浮き上がってしまいます。

それ以外のリザードやオーストリッチ、クロコダイル、パイソンでもバックルとベルトの

”浮き”

を抑制する為にあります。

こういった細かいところに拘りを感じてもらえればうれしいです。

それと、シルバーには2つの楽しみ方があります。

・使い込んでいき、自分の”味”を出す楽しみ方
・シルバー特有の青白い光を楽しむ使い方

の2通りだと私は思います。
”味”に関して今更言う事ないですが、自分が使い込んだ、

”キズ”

”くすみ”

これは思い出の一つです。それこそ1点物です。
時計にも擦り傷などが使っていけば付きます。

私はピカピカも好きですが、キズが付いている物もその時計の歴史だと思い、あえて新品仕上げはしません。
(人それぞれです)
でも、新品仕上げをした上で自分で使い込むのもありですね。

このハンマートーンバックルで新しい ”味” を出し、あなただけの1点ものに仕上げてみませんか?

ハンマートーンバックル(鎚目)は数に限りがあります。
今回の生産は各サイズ5個づつです。

無くなり次第とりあえずは終了いたします。
(場合によっては再生産するかもしれませんが、納期に2ヶ月近く必要になります)

このシルバー925バックルの楽しみは他にもあります。
ダイヤモンドやその他宝石を埋め込む事も可能です。

ハンマートーンなので、

”ターコイズ”

も良いかもしれませんね。

近々サンプルを作ってみたいと考えています。

他には、金種の変更も可能です。
例えば、

・真鍮
・プラチナ
・金

などです。金やプラチナは価格変動するので、気になる方はお問い合わせ下さい。

装着してみると、エキゾチックレザーで作られたベルトのアクセサリーみたいです。
でも時計との組み合わせなので、実用的であり、プライベートからビジネスまで使えると思います。

数量に限りがあるので、気になる方はお早めに。。。

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.