パネライ ラジオミールにヴィンテージバックルレプリカを。。。

先日ベルトを交換したパネライ ラジオミール(PAM00609)に当ショップのヴィンテージレプリカバックルを合わせてみました。

私の感想としては、ラジオミールはルミノールのリューズガードが無い分上品差があると思います。
そのラジオミールにまた上品なリザードを合わせています。

そこにこのヴィンテージレプリカはフレームは細いですが、しっかり主張してくれて良い感じです。
上品差をさらに上げてくれる感じがします。
当ショップで既に販売しているシルバー925のバックルとはまた違う雰囲気になります。

カジュアルに着こなす時はバックルフレームの幅があるバックルを。。。。
ドレスアップする際にはシンプルながらも主張してくれるヴィンテージレプリカバックルを。。。。

バックルをその時の気分や洋服に合わせて代えるのも時計好きの醍醐味だと思います。

本日はどのベルトとバックルをコーディネートしますか?

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.