腕時計用 Dバックルその2

当ショップに装着できる汎用のDバックルを準備中です。

このDバックルは通常のピンバックルから交換して使用するタイプです。

時計メーカーによってはベルトの形状や長さが異なる場合があります。
(パネライ純正のDバックルに関しては厚さとピン部の幅の問題で取り付け可能です)

只当ショップでも取り付けられないベルトもあります。

まず取り付けが出来ないのは、厚さが4mmのベルトです。

当ショップでは2種類のベルトがあります。

パッドが入って厚さが異なるベルト。
パッドが入ってなく、厚さが一定のベルト。

見分け方はベルト紹介蘭の

”厚さ”

という記載です。
厚さが一定の場合は、

”4mm”

パッドが入って厚さに強弱があるベルトは

”3mm-6mm”

と記載しています。

それと、通常バックルピンの入る部分のクリアランスが狭い為に一度お問い合わせを頂いた方が良い思います。
丁度写真の赤丸にした部分です。

当ショップは天然のレザーを使用している為に厚さに個体差が若干あります。
ここのクリアランスは約1mmなので非常にシビアです。

やはり中には厚さの調整しきれないレザーもあります。

そして今回準備しているDバックルはこちらになります。

このタイプのDバックルをお持ちの方は加工なしでも取り付けができる可能性があります。

只、一度お問い合わせ頂いた方が良いと思いますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

※パネライ、汎用Dバックル以外のDバックルに関しては当ショップでもお答えできない物がほとんどです。
時計メーカーによりDバックル形状、そのDバックルに合わせるベルト形状も様々なので、ご自身でご確認下さい。

※Dバックルを使用する場合は一度ご相談下さい。
ご相談の無い場合のDバックルに合わないという理由での返品に関してはお断りさせて頂きますので、
申し訳ありませんがよろしくお願い致します。

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.