腕時計のベルトで弱い箇所は・・・

腕時計ベルトで壊れるポイントです。

定番の3箇所ですね。
みなさん経験があると思います。
このベルトはアップルウォッチに使い毎日半年間使用した物です。

農作業にも使用し結構ハードに使用していました。
まだ壊れていませんが遊革は黒ずんでいます。

私の知り合いはフランクミュラーを使用していますが、1年も経たない間に遊革が壊れます。ベルトは純正で嘆いています。。。

ここは正直防ぎ用が無いですね。

原因は水や汗でしょうね。私はすごく汗をかく方ですが意外と壊れた事ないんですよ。

水や汗・・・・・と聞くと裏はラバーの方が良いのでは?
と思いますよね。私の主観ですが、裏がラバーでも変わらないと思います。
裏がラバーでも3箇所の部分は表レザーとのつなぎ目なのと遊革はラバーで出来ていないです。

この事からも同じだと思います。
いくら汗を大量にかいても裏の牛革から表まで染み出す事は無いですからね。
(スポーツをしている時は機械式時計ははずしましょう。スポーツにもよりますが衝撃で壊れます・・・)

裏が牛革であればベルトを付け替えしている方は比較的長持ちしますが、ラバーの場合はヒビ割れします。
という事は牛革の方が良い?
そこは何とも言えませんが・・・

コスト的には今は牛革の方が抑えられると思います。

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.