腕時計ベルトを交換する楽しさ / パネライ PAM00504

ブラックケースのパネライ PAM00504が仲間入りしてから止まりません。。。。
全てのベルトを合わせてみたくなっちゃいます。。。

でもパネライ PAM00504はベルト交換に気を遣う(ブラックのネジとケースなので)ので、今回は今装着しているダークブラウンのシャークの上にのせただけです。

今回はシャークのグレー、リザードのパープル、クロコダイルのブラック、クロコダイルのタンブラウンと4つのレザーをコーデしてみました。

まずシャークですね。
カラーはグレーになります。
シャークは今ダークブラウンをつけていますが、良くにあいます!
このシャークスキンはツヤが無いですが、ケースもマットなので統一されています。

また以前もお伝えしましたが、シャークスキンは凹凸が深いので話の種に丁度良いです。
(目を引きます)

次にリザードのパープルです。

思ったより似合いますね。
ツヤのあるレザーは似合わないと思っていましたが、カラーによるのでしょうか・・・
リザードというレザーが良かったのでしょうか?

でもすごく良いです。

そしてクロコダイルのブラックです。

私はすごく期待していましたが、どうですか?
私的には・・・・・ベルトが艶やかすぎて時計が浮いている様に感じます。

腕時計のベルトが主役になっては腕時計の価値が下がります。
あくまでもベルトは腕時計の価値を上げる(引き上げる)為の物です。

この事からもベルトが目立ちすぎに感じます。

写真を撮り忘れましたが、エレファントのブラックはよく似合っていましたよ。
エレファントは基本的にツヤの無い素材なので似合っていたのでしょうかね。

オールブラックで良かったです。

最後はクロコダイルのタンブラウンです。
これは良かったですね。

このクロコダイルはツヤがあまり無いレザーです。(クロコダイルでも素材により染色具合も変わります)

このカラーとブラックのコーディネートが合いますね。
ベージュ系とブラックの相性は抜群です。

次回はチキンレザーとのコーディネートもしてみたいと思います。
私の予想ではチキンレザーのタンブラウン、レッドあたりが似合うかなー。。。と思っています。

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.