ベージュ系のレザー違いです。チキンレザーも捨て難い・・・

チキンレザー・・・・・
そうです。鶏です。

中々のレアレザーですよね。
しかも色の乗り方が独特で全体的にも独特な腕時計ベルトに仕上がっています。
本当に独特です。

多分国内では他でやっている所は無いのでは?と思います。

最近コードバンのナチュラルカラーを使用していたので、チキンレザーのタンブラウン色がチョット気になってパネライ ルミノールを合わせてみました。
色の系統はベージュ系で同じでも雰囲気は大分違います。
このチキンも良いですね・・・・エイジングを楽しむレザーでは無いですが、この雰囲気が捨て難い。

腕時計のベルトって普段持ち歩くレザーの中でもほんの一部ですが、印象としては大なんですよ。
不思議と・・・・
話題になり易いのと腕時計好き同士ってそれだけで会話が進んだりします。

これがベルト(腰の方)だったり、ウォレットだとなんか会話が進まないんですよね。
それとかブーツもそうですね。同じブランドのブーツ好き同士だと会話は進みますが、ブランドが異なると難しい・・・・

これが腕時計の魅力の1つでしょうね。

そうそう、ベージュだと今リザードもあるんですよ。
紹介は多分していませんでしたね。
近い内にルミノールに合わせてみます。

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.