ベルトの長さに関して (ホーウィン クロムエクセルレザー タイプ2 )

ホーウィン クロムエクセルレザー タイプ2の長さに関してご紹介します。
タイプ2の拘りは剣先の余りの長さです。

数字で言うと・・・・


12時側は75mm。
6時側の固定は常用の子穴位置から剣先にかけての余りが約60mm~65mmがベストと考えます。
なので6時側の長さは子穴の位置で変わります。

↑の写真は全体の長さが約130mmなので上の穴位置が時計側から約60mm。その下が時計側から約65mmです。(5mm間隔)
子穴の大きさなども含め全体が約130mmになります。
※ベルトは130mmで制作しても最終工程の磨きと成形で1~2mm短くなります。

余りを考慮してベルトの長さを考えるとバックル側のバランスが良くなります。
推奨は遊革なしですが、販売時はお付けしておきます。

このベルトは厚みがフラットなので一般的なベルトよりも厚みがあります。
厚みがフラットの場合、剣先の余りが少ないよりもバランス良く余った方が全体的に良い感じになります。

ちなみに遊革をつけるとこんな感じです。

今回のクロムエクセルレザーのベルトは装着時の尾錠側の厚みと余りの長さに拘ってみました。
他のレザーでは同じ事は出来ないのでこのクロムエクセルレザーだからこそのスタイルです。

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.