腕時計バックルの脱着方法

先日問い合わせを頂きましたのでお伝えしておきますね。

当店ではベルトをお買い上げ頂いた方にはステンレス素材の
シルバーのバックル又はブラックのバックル(ブラックがご希望の場合は必ず依頼して下さい)
を装着し発送しています。

このバックルの外し方をお伝えします。

まず、バックルは ”バネ棒” で取り付けられています。
このバネ棒はバネになっているので、縮めるだけでバックルをはずす事ができます。

バネを縮める為に専用の工具(メロン用?のフォークの様な形)を使用します。

このフォークの部分でバネ棒にある突起を使い縮めます。

要は、1枚目の画像の様にバックルのはじに工具を差し入れ、 ”グッ・・・・” と内側に持っていくと
簡単に縮みはずれます。

ちなみに左右同じ構造なので、左右どちらでも同じ様に縮むのでどちらから攻めても大丈夫です。

ちなみにちなみにベルトのない状態ですとこんな感じで工具を侵入するんですね。

※パネライはネジになってますが、ネジかバネ棒かの差なので、
バックルのサイズさえ同じであれば互換性があります。

※当店のベルトはハンドメイドなので、ラグ部、バックル部共に±0.5mm前後の誤差があります。
只、取り付けができないレベルではないので、ご安心下さい。
もしご不安があればお問い合わせ頂ければ個別にお答え致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

近々、バネ棒はずしを工具としてラインアップに増やそうと考えています。
もし必要あれば、ご購入頂ければと思います。

※当店のバックルをご購入頂いた方はご自分で交換できる様におつけして販売していますので、ご安心下さい。

p.s. 意外と当たり前の様に考えていた事なので、お問い合わせ頂いた関西方面の方ありがとうございました。
もし、気になる事あればまたお問い合わせ下さい。

※この写真はiphoneで撮影していますが、優秀ですね。

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.