2021年アンティークウォッチの取り扱いを始めます(予定。。。)

来年春に向けて私が時計好きになったきっかけである、

“アンティークウォッチ”

の販売準備を開始しました。

まず最初に当ショップに飛び込んできたのは、 

“ANGELUS(アンジェラス) 1940’s chronograph”

です。 非常に個体も良く勿論クロノグラフも快調に動いております。
販売開始までにメンテナンスとテストを致します。

この雰囲気のあるアンティークウォッチに、ブルーのパイソンを組み合わせてみました。
どうでしょう?
アンティークウォッチとエキゾチックレザーの組み合わせも非常に良いですね。
カラー、パイソン ストラップ素材からも稀にみぬ組み合わせではないでしょうか?

1940年頃の時計はケース直径が30mmや33mmというのが多いです。

このアンジェラスはケース径が35mmになります。
当時としては大きかったようです。
それでもパネライに比べるとすごく小さく感じますが。。。

このパイソンのストラップですが、11月から取り扱いを開始始めた18mmです。
ラグ幅18mmのストラップはまだクロコダイル、パイソン、リザード、オーストリッチ共に在庫もありますので、
お問い合わせ下さい。

時計の雰囲気を損なう事ないストラップをたくさんご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.