当ストアのベルトは、パイプを使いません。

Yoshiki-WatchBoxで販売している腕時計ベルトをパネライ/ ルミノールに取り付ける際は、パイプが入りません。(穴がそこまで大きくありません)

それは、あくまでもパネライ以外にも取り付けができる、見た目的に支障無く使用できる様になっているからです。

穴が大きすぎると、パイプを使用しない時計にはクリアランスがあっておかしいですからね。。。

この微妙なクリアランスがファッションには大事です。
装着後の全体の仕上がりに大きく左右します。

という事で、当ストアのベルトをルミノールに装着する際は、
ラグ取り付け棒をパイプなしでそのまま取り付けて下さい。

それではずれるなどの事はないのでご安心下さい。

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.