バネ棒(spring bar)には種類があります

腕時計とベルトを固定する部品は一般的に

”バネ棒”

を使用しています。
このバネ棒には私が知っている限りではストレートと曲がっている物があります。

↑の写真で矢印をしたベルトと時計本体との距離が極端に狭い時計にはカーブしているバネ棒が必要になる場合があります。

私は過去にホイヤーのアンティークを持っていた時にやはりベルトとケースが干渉してしまい、何か無いかな・・・
と見つけた物です。

このバネ棒を使えばある程度緩和されます。
一般的な時計であればカーブしているバネ棒は必要ないと思います。

当ショップに限らず腕時計のベルトは

“一般的な厚さ”

で制作されています。
当ショップのベルトでも、私が使用しているパネライ、オメガ、アンジェラス(アンティーク)などは普通に装着できます。

只、一部使用しているベルトがあります。
それは、

”スティングレイ x Dバックル”

スティングレイはツブツブに厚みがある為に極端に狭いベルトとの取り付け箇所の汎用Dバックルには厳しいです。
そこで必要になるのがこのカーブしているバネ棒です。

販売されている物なので強度が弱いなどは考え難いですが、

”曲がっている物”

であり、

”曲げて取り付けた物”

では無いのでご注意くださいね。

※ご注意ですが、このカーブしているバネ棒、当ショップでは販売はしていません。
ネットでも時計の部品を専門で取り扱っているショップさんなどから入手をお願いします。

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.