つい買ってしまう “腕時計” という文字の入っている本・・・

アマゾンで先日購入した本です。
“腕時計” のこういった読みものの本買ってしまうんですよね・・・・

ちなみにこの本の筆者 “斉藤 由貴生” さんは多分この

“資産価値が上がる 腕時計投資の賢い選び方”

が2冊目です。(1作目は “腕時計投資のすすめ” です)
勿論1作目も何年も前に読みました。

余談ですが3作目も発売予定があります。
1月26日に発売予定の “データでわかる腕時計投資の正解” 。
私はアマゾンで予約済みです。

まだ全くの読み始めですが、読み始めでいきなり共感したので共有したいと思いました。

この表紙に書いてある事に共感を覚えました。

まだこの本のスタートラインにも立っていないですが、本当にこの通りです。
消費額は購入した価格に売却価格が近い、または購入額よりも高ければ消費額が小さくすみます。

この消費額が小さく済むのは腕時計だと私も思います。

腕時計に限らず高額な商品は売却の価格も高くなります。(人気にもよりますが)
このことからも私は20歳位の頃から比較的高額な物を購入していたり・・・・たまたまかもしれませんが・・・。
例えば・・・・・クロムハーツ、ラングリッツレザー、フリーホイーラーズ、ウエストライド、ホワイツ・・・・・

これらの洋服などは飽きた時には比較的高額で売れます。
高額で売ってまた新しい物を買う資金にします。

腕時計の話に戻りますが、私がパネライを何本も所有してガシガシ使用しているのは買って楽しんで時が来たら売却して・・・・と考えているからです。
貯金して何に使ったのかわからないで終わるのであれば高級時計を買っていざという時は売却してお金にする・・・・

はたまた、価格が上がった時に売却する・・・・
只、パネライは正直そこまで価格が上下するブランドではありません。

私の場合は投資というよりも貯金ですね。

最近腕時計って値段上がっているのはみなさん知っていると思いますが、私が所有しているPAM00111。
5、6年前最初に購入した時は35万位でしたが今楽天で見ると40万〜ですからね。
再購入したPAM00111は3年位前で33万位でした。
上がっているんですよ。
他にもPAM00000も購入は30万位でしたが今40万〜の価格です。

パネライは上がりにくいですが、今上がっているんですよ。

パネライを投資に使うのであればやっぱり限定モデルでしょうね。
それか、PAM0002などの初期はもう100万近くなので次に上がるのはPAM00111などかな。と思っています。

という事からも今年はPAM00372かPAM00557を買うぞ!!
ブロンゾは欲しいけど買えません・・・・

オシャレな貯金ですよ。

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.