腕時計ベルトシャンプー後・・・・

昨日シャンプーして一晩おいて・・・・・・
まあ、キレイになったかは正直よくわかりませんが、汚れが落ちてネイビーっぽさが出た様な・・・・
(黒ずみが落ちてレザーのカラーが鮮明になったのかしら?)

結果は良くわかりませんでしたが、レザーメンテナンスって作業している事に満足するので良し!!としましょう。

匂いは・・・・ホーウィン クロムエクセルの匂いです!
とシャンプー前も臭くは無かったですけどね。

※シャンプーしていて気がついた事・・・・・
・ステッチから染み込む⇨これは汗でもそうですがどういしょうもないですよね
・レザーに染み込む⇨当たり前ですが表面だけ洗っているつもりが、つい何回もやってしまう・・・・
それでもクロムエクセルは比較的水に強いんですけどね。

これは毎回ですがレザーメンテンナンスは使い終わったら水をきつく絞ったウエスで拭くのが一番良いのかも・・・・

腕時計ベルトで一番懸念されているのは、

”汗や水がレザーに染み込んで接着剤の効力が落ちる”

という点です。
汗や水が原因でのレザーに対する劣化ならクリームなどで防げますし復活までは言わなくてもある程度ケアできます。
実際何年も毎日同じベルトを使用すれば汗が原因では無く、壊れるのは止む終えない事です。
接着剤の効力の前に壊れます。

↓これはパネライ純正ですが、接着剤の効力が落ちたのが原因では無いです。
今は何年も保管なので固くなってますが、役目は十分に果たしたと思います。

腕時計のベルトって、腕時計業界では

”消耗品”

です。革もかなり薄い箇所もあって常に擦れたり水分が付着したりとかなりの悪条件で使用される物です。

でも壊れるという事は新しい出会いもありますし、悪い事ではありません。機能を果たしたという事です。

レザー商品で懸念される事はヒビ割れも挙げられると思います。
レザーが水分でヒビ割れを起こすまでには何十年もかかります。
炎天下で常に乾燥している場所に放置しておけば数年でヒビ割れするでしょうけど・・・・・それでも10年はかかると思いますよ。

余談ですが、ここ何年もヴィンテージのソファを探しています。
なぜあえてヴィンテージなのか・・・・?
それはレザーのヒビ割れの雰囲気が好きなんですよ。
このヒビ割れ感を今私が新品を購入して理想のヒビ割れになるには50年位必要になると思います。
日本は湿気がかなりあるのでヒビ割れしにくいと思うんですよね。
多分理想の雰囲気になる前に飽きるか死んじゃうと思います。。。。。
そしてその後育て上げたソファを娘に捨てられる・・・・・・悲しい結末です・・・

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.