12時側のベルト長さに関して

腕時計のベルトを制作や販売していると常に勉強になる事があります。
意外と知られていない・・・・・・というか私の主観のお話です。

今回は12時側ベルトの長さに関してです。

当ショップのベルトは12時側はすべて75mmです。
ちなみにパネライ純正も75mmです。

でも中には70mmというサイズのベルトも他店さんではあります。
これ、

何が違うのか?
どう違うのか?

というお話です。
単純に言うと↑にある写真の尾錠位置が変わります。
75mmは私的には丁度良く、尾錠が手首の真下には来ないんですよ。

なのでパソコンを打つ時やテーブルに手を置いた時に尾錠が傷つかないです!!
私は純正の尾錠も使用しているので、正直あまりキズつけたくないです。。。。。。

というのもパネライ純正の尾錠って非常に高価なんですよね。
パネライに限らず、ブランド純正は高価です。

こういった点からも75mmだと丁度良いです。
ベルトの子穴の観点から言うと70mmにした場合は子穴の位置が下に5mmズレます。
なので6時側の長さも考えないと腕に合わなくなっちゃいす。

ホーウィン社のレザーはオーダーもお受けしているのでチョット腕が太い方などは80mmでもお受け出来ます。
勿論70mmでも大丈夫です。
でも12時側の長さは尾錠の位置も変わるという事を念頭にイメージする必要がある。という事ですね。

ストック品でもオーダー品でも価格の差は無いので、折角ならご自身の腕に合わせた長さというのを私はオススメしますよ。

ちなみに今の納期は約1週間です!

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.