高額な皮革とは・・・・その2

先日高級とレアについて長々と書きましたが、今回はその2です。

当ショップでも高額な皮革(レザー)を使った商品があります。
それは・・・・・・・

”牛革”

です。
私が思うに世界で一番皮革になっているのは牛革だと思います。
日本にも栃木レザー、姫路レザー、新喜皮革(馬革)などなど沢山のタンナーがあります。

価格も様々です。
イタリアは世界でも牛革のタンナーが一番多いみたいですよ。

この沢山ある牛革を作っているタンナーのチャンピオンが

”HORWEEN (ホーウィン)”

です。(主観ですけどね)
ちなみにホーウィン社のレザーは有名な○○レザーの3倍以上の価格です。

当ショップ内では14200円という中間位の価格設定にしていますが、牛革としては高額な商品と位置づけられます。。。。。
と思います。

牛革でもクロコダイルなどと同様に中間位の皮革を使えば価格は下がりますが、価格重視、利益重視のショップでは無いので、
私自身が納得のいく牛革はホーウィン社のレザー1択です。

ここに辿り着くまでにブライドルレザーやバベルレザーなども使ってみました。
ただ良いのですが、やっぱりホーウィン社のレザーの持つ独特な雰囲気が私好み、通好みですね。

牛革では高級なホーウィン社の牛革ですが、値段が安くならないのは流通量にもあります。
日本ではクロムエクセルレザー、シェルコードバンは手に入りやすいです。

でも当ショップでも使っている(使い始める)、ラティーゴ、オリオン、アメリカンバイソン、エセックス、ダービーなどなどは日本に流通していません。
これはなぜか?
日本国内の大きな会社が仕入れをしていないからです。

タンナーと直接の取引は私個人では出来ない(資金、倉庫面)ので小さく革を欲しい場合は皮革屋を探します。
日本国内の皮革屋さんが取り扱っていなければ海外の皮革屋を探してみれば・・・・・
という事で色々見つけて輸入しました。
海外まで目を向ければ結構ある物ですね。
ただ・・・・・・円安の今は高いです。それと送料も結構高いです。しかも関税も・・・・

それでも日本国内で簡単に手に入るイタリアンレザーなどでは無く、ホーウィンは最高の牛革だと思います。

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.