腕時計のムーブメントについて (アンジェラス)

この2つのムーブメントは上がアンジェラスのcal.215、そして下がアンジェラスcal.217になります。

アンジェラスは1904年から自社でムーブメントを生産しています。
この2本のアンティークはアンジェラスの自社ムーブですね。

上のcal.215はクロノグラフがついたムーブメントであり、
下のcal.217はcal.215にトリプルカレンダー機能を追加したムーブメントです。

cal.217のベースはcal.215なので、共通部品が多いです。

只難点は、80年近く前のモデルの自社ムーブは部品供給が。。。。。

そうです部品供給は勿論、部品取りレベルの時計がそんなに出回っていません。
しかもアンジェラスは比較的高価な時計でもあります。

当ショップには、cal.217の部品取りが1本あります。
現場精度は出ていませんが、作動する部品取りです。
このcal.217は残念ながら文字盤の程度が悪く、部品取りにしました。

今当ショップで販売しているcal.215が2本、cal.217が1本ありますが、どのムーブメントも
アンティークレベルの精度は保っているので現段階では問題ないと思います。

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.