腕時計ケースカラーと腕時計ベルトカラーの組み合わせ

今回パネライ PAM00504が仲間入りしてからつくづく思います。

腕時計で一般的なシルバー色のケースにはポップなカラー、ダークなカラー、ツヤ有り、無しと色を問わず似合います。

でもケースがブラックやゴールドとなるとベルトカラーで大きく時計の雰囲気が左右されるという事が分かりました。
合わせて言うと、私のパネライ PAM00504は文字盤がブラウン(ほぼ黒に近いですが)、針がゴールド、数字(サンドイッチ構造)がベージュです。

この針のゴールドや文字盤の一部であるベージュカラーをベルトに持ってくると統一感が生まれるのですね。

こう言った事からもシルバーケースでブラックの文字盤というのは、万能選手であり、どんなベルトと組み合わせても良いのですね。

ん〜奥が深い・・・・・

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.